今日の気になるギタリスト。

最近はブルース寄りのギタリストの紹介が多いですが、本日もそんな感じ。オールマン関係の匂いがプンプンします。The Marcus King Bandです。ギタリスト兼ヴォーカルのMarcus King(マーカス・キング)Warren Hayes曰く「デレク・トラックス以来の若き激ウマの衝撃ギター・プレイヤー。」です。マジ激ウマです。プロデューサーはWarren Hayesみたいです。Marcus Kingはなんと20歳ですって恐ろしい!そしてゲストには Derek Trucks、Warren Haynesなどの名前も!ブルースとファンクとロックそしてブラスセクションとオルガンなサウンドです。とにかくカッコいいですよ

Marcus King Band performs - "Ain't Nothing Wrong With That"

The Marcus King Band's "I Won't Be Here"

う〜んいいんじゃない!


Featured Posts
Recent Posts